貧乏大学生は車を買うべきじゃない。

こんにちは、黒石ツキツキキ(@kaminoite)です。

もし、大学生の欲しいものランキングというものがあってデーターを取ったなら、
1位になるのは恐らく「車」だと思います。

私も車は欲しいし、あったら凄く便利だと思う。
しかし、大学生で車って本当に必要?
無理をしてまで車って買う必要ある?って考えると、
私は全くそうは思わない。

車は、お金が有り余ってる大学生か、親がすべて負担してくれるお金持ちしか買うべきじゃない。
貧乏大学生が車を買ってしまったら、大学生活が積む可能性がある。

 

貧乏大学生が車を買うべきじゃない理由

 

 

私大学生ながら思うんですけど、大学生はお金をかけるべきところは車じゃないと思うんですよね。
車を待てば便利なんだけど、本当に必要か言われたら意外とそうでもない。
多くの大学生は車を持ってるポテンシャルを得たいだけのように見える。

大学生の収入源ってほとんどの人がバイトです。
バイトで車を買うならば、めちゃくちゃ働かないといけません。
買った後も維持費を払うために払い続けないといけません。

貧乏大学生が車を買うことは、
車に縛られるということ。
なんですよ。

車を買ったほとんどの人がいやいやでバイトをして、車のなめにせっせと働いている。
自分は本当はバイトはしたくないのにバイトを続けている。
車を買ってしまった人の末路はこのパターンがほとんど。

いやいやするバイトって本当にためにならないから、
もっと時間を大切にしてほしい。

 

大学生ってめっちゃ時間あるじゃないですか?
めっちゃあるからこそ時間って大切で、いやいやするバイトに縛られることなんて絶対あってはいけない事なんですよ。もっとお金の使い方を考えないと。
車に払うお金があれば何ができる?

大学生がお金を払う基準は、
自分の成長につながるか、つながらならないか、
他人を幸せにできるか、できないか、
です。

高くても「つながる」「できる」と感じたら、借金してでもお金を払うべきです。
後者に関しては1円も払う必要はありません。

車はのせてあげることで他人を幸せにできるが、
自己犠牲を払ってるからお金を払うべきじゃない。

  • 車がほしい!
  • 車のためにバイトしている

と、言う人はもう一度考えてみて下さい。

本当に車が必要か、どうか。
車を買ったことによる未来の大学生活を。

それでもどうしても欲しいという人は買ってください。
そこまでの車好きなら、多分ハッピーです。