ブログの書き方で一番重要なのは書き出し!書き出しで意識するべき4つのこと。

 

こんにちは、黒石ツキツキキ(@kaminoite)です。

 

ブログを書いてて、一番大事なパートってどこだと思いますか?

・・・・・・・・・

そう、

書き出しです。

 

ブログの良い構成は、上の図ですが、

見出し2より、見出し3より、まとめ文より、

何より大事なのは書き出しです!

 

書き出しをしっかりしていないと、後半どれだけ良い内容を書いても読まれることはないです。

読者は暇ではなく、書き出しで、読むべきか?読まないべきか?を判断し、

読まないと判断したら、即サイトから離脱します。

 

そう、、、、

書き出しとは、読者に読まれるかどうかの振るいにかけられるパートなんですよ!

 

続きを読みたい!と、判断されるためにも、まず、書き出しに力をいれましょう。

今回は、ブログの書き出しについて、意識するべき4つのことを書いていきます。

 

【ブログの書き方】書き出しで意識するべき4つのこと

さっきも言いましたが、ブログの書き出しは、超重要です。

書き出しで、読者のハートがつかめないと、後半の内容は全部死にます。

図にするとこんな感じです。

サイトに訪れた読者は、書き出しを見て、読むか読まないか決めます。

一番最初に目に飛び込む文章は書き出しなので、書き出しで読むに値するか決めてしまいます。

そう、

書き出しとは、ブログの顔なんです。

 

書き出しは、本当にしっかりしていないと、即離脱なので、

離脱されないために、書き出しで意識するべき4つのことを書いていきます。

 

読者に対しての、メリットを提示すること

書き出しで意識することで、最も重要な事は、

読者に対しての、メリットを提示することです。

 

書き出しで、「この記事を見ると、こんな良いことが書いてあるんだよー」と、訴えなければいけません。

  • 「え!マジで!?」
  • 「なんだかおもしろそうだぞ」

と思わせなければ、即離脱されます。

 

例えば、ダイエット記事で、「痩せる方法」みたいな記事を書く場合、

書き出しで、「え!この方法をすれば、私も痩せることができるの!?」って思わせないといけないです。

この方法をすることで、”1週間で3kg痩せます!”みたいなメリットを提示しなければいけないです。

 

嘘はいけませんけど、できるだけ読者目線で、

「最初に何を言われたら続きが気になるだろう?」

と言うことを、真剣に考えてみて下さい。

 

読者に対して、メリットを提示せよ
  • メリットを提示しなければ、即離脱される
  • 読むことで、プラスになることを訴えかける
  • 読者目線に立ち、「どう書けば続きが気になるのか」考える

 

リアリティ体験を書く

書き出しで意識することは、リアリティ体験を書くことです。

自分の体験談、自分の思いを書き出しに書くことです。

 

例えば、ゴルフでスコアを伸ばす記事を書くとします。

ゴルフでスコアを伸ばすためにどうすればいいのか紹介します。

この文に、リアリティを与えると、

私はゴルフが好きで、毎週のようにゴルフに行くんですけど、

スコアって本当なかなか伸びませんよね?

私も、スコアに伸び悩んでいる時期があって、とても辛い思いをしていました・・・・・

しかし、ゴルフ歴10年・・・・・私は、とうとう誰でもゴルフのスコアを伸ばす方法を見つけました!

みんなにも、試してほしいので、ゴルフでスコアを伸ばすためにどうすればいいのか紹介します。

こんな感じです。

随分と長くなりましたけど、文章にリアリティを出せました。

 

正直、リアリティがないと、信用はないです

ゴルフでスコアをの伸ばせるよ!って、何者かもわからない馬の骨に言われても、信用はできませんよね?

さっき私が、リアリティ与えたを文を解説すると、

私はゴルフが好きで、毎週のようにゴルフに行くんですけど、(⇐自分がゴルフ好きなことを定義してる)

スコアって本当なかなか伸びませんよね?(⇐悩みを問いかける)

私も、スコアに伸び悩んでいる時期があって、とても辛い思いをしていました・・・・・(⇐自分の体験談を話す)

しかし、ゴルフ歴10年・・・・・私は、とうとう誰でもゴルフのスコアを伸ばす方法を見つけました!(⇐メリットの提示)

みんなにも、試してほしいので、ゴルフでスコアを伸ばすためにどうすればいいのか紹介します。⇐次につなげる文)

何物か提示する悩みの問いかけ体験談メリットの提示次につなげる

って感じで、リアリティを出しました。

リアリティを出すためには、

  • 何者か提示して、信用を得て
  • 悩みを問いかけて、「まさにその悩みだよ!」と思わせ
  • 体験談を話して、共感を得る

ことで、文章でのリアルティは生まれます。

 

リアリティのある文章を書け
  • リアリティがないと、信用はない
  • リアリティのある文を書くには、何者かの提示、悩みの問いかけ、体験談を書くこと

 

起承転結の、結を最初に書くこと

書き出しで意識することは、起承転結の、結を最初に書くことです。

つまり、書き出しで、結論から最初に書いてしまうことです。

 

これは、以外かもしれませんが、ブログは、必ず結論から入ってください。

それには、絶対的な理由があります。

基本的に、みんな、人のブログって見たくないんですよ。

見たくないから、書き出ししか見てないのに、余裕で離脱したりするんです。

 

まず、ブログって言うのは、できることなら、速攻で情報を手に入れたいわけです。

速攻で情報を手入れたいから、書き出しで、読む読まないを判断されるわけですよ。

つまり!

早く読者に対して、答えを与えないと、結論が出るまで待ってはくれないと言うこと!

 

速攻で情報を手に入れたい読者にとっては、結論から入ってくれるほうがありがたいし、続きを読みたくなるものです。

いい方法は、

書き出しで、結論を述べて、その後に、何故その結論に至るのかを解説してあげる方法です。

 

書き出し(結論を述べる)

その後に、結論に至るまでの解説をする

 

この方法が、読者に対して、一番親切です。

意識することは、起承転結ではなく、

だということを覚えておいてください。

起承転結ではなく、結論から先に書け
  • ブログは、必ず結論から入るべき
  • 基本的にみんな、人のブログは見たくない
  • 読者は、情報を早く手に入れたいわけだから、結論から入るのが親切な書き方
  • 書き出しで結論を述べて、その後に、結論に至るまでの解説をしよう
  • 転起承転結

 

書き出しを長くしすぎない

書き出しで意識することは、書き出しを長くしすぎないことです。

リアリティを出したり、メリットの提示をしたりするためには、どうしても文が長くなってしまいますが、

それでも、削るとこは削って、いらない情報を省く文章が理想です。

 

最初は、書き出しが、長くならないように意識しなくても別に良いです。

最初は、自分の思ったことを、リアリティや、メリットを提示しながら書いていって、

その後に、削る作業をすればいいです。

 

2度手間にはなりますが、最初から、不純物がない洗礼された文章を書こうとしたら、手が止まるので、

何でもいいから書く削る作業

 

というふうに、2段構えで行ってください。

だんだんと、削る作業の時間が減ってきて、最終的には、削る作業はしなくても良くなります。

 

長すぎないで、削る所は削ろう
  • 不純物のないきれいな文章が理想
  • 最初は、何でもいいから書く⇒削る作業の順番で作業しよう

 

ブログ読みたくない読者を、最後まで読ませることができるのは、書き出しがしっかりした記事だけだ

大事なのでもう一度言いますが、読者は、基本ブログって読みたくないんです。

読んだとしても、めっちゃ流し読みだし、みんなもそうで、私もそうです。

ブログサイトに、せっかく訪問してくれたのに、書き出しがしっかりしてないと、本当に即離脱されます。

 

だから、書き出しは、読まれるかどうかを判断する壁で、

文章の中で、一番大事と言っても過言じゃないパートです。

書き出しをおろそかにしていたら、後半頑張っても、見られることはないです。

 

そんな、ブログをみんな読みたがらない読者の中で、それでも読ませることができる記事を作るのは、

私達、ブログ運営者の腕の見せ所ですね。

 

まとめ

最後に、書き出しで意識するべきことをまとめます。

書き出しで意識するべき4つのこと

  • 読者に対して、メリットを提示せよ
  • リアリティのある文章を書け
  • 起承転結ではなく、結論から先に書け
  • 長すぎないで、削る所は削ろう

 

これらを全部守れば、書き出しは完璧なんですけど、

せめて、読者に対してのメリットは提示するように心がけてください。

やっぱり、読者は、読むメリットがないと、読まないので、最低限メリットは提示するようにしましょう。

 

本当に、書き出しを甘く見ないでください。

書き出しは、見るか?見ないか?判断される振るいです。

意識してない人は、書き出しの書き方を、もう一度、見直してみましょう。