6歳の弟を20歳の私が、チャンバラバトルで泣かします。

 

こんにちは、黒石ツキツキキ(@kaminoite)です。

 

6歳の弟と20歳の私で、2m以上もある木の棒でチャンバラバトルしました。

バトルになった経緯は、

ある日、弟が2mの木の棒を振り回しながら、私にこう言ってきました。

 

モンスターハンターごっこしよ!モンスターハンターごっこ!
俺ハンターするから、ドラゴンの役やって
黒石ツキツキキ
ドラゴン役とか、滅多打ちにされるだけやん。やらないよ
えーーー!やろうよ!やろうよ!
黒石ツキツキキ
やらないよ・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
黒石ツキツキキ
・・・・・・・・・・・・・・
ていやぁぁ------!!
(木の棒で襲い掛かってきた)
黒石ツキツキキ
うおッ!!

 

テロテロテロテロテロォーー(BGM)

  • 弟がバトルをしかけてきた!!

 

やらないって言ったのに、弟がむりやりバトルを仕掛けてきました。

さぁ、バトルか弟よ!

 

モンスターハンターごっことは?
ハンターが、剣や銃を使って、ドラゴンなどのモンスターを倒すマネ事

まぁ、チャンバラみたいなものだ。

 

6歳の弟VS20歳の私【モンスターハンターごっこ】

弟がいきなり2m以上もある木の棒で襲い掛かってくるので、

私は、とっさに、落ちている1mも満たない木の棒でバトルことにしました。

 

最初に言っておくと、

  • 弟の木の棒(2m)
  • 私の木の棒(1m以下)

と、長さに超ハンデがあります。

でも、20歳の力を見せつけて、泣かしてやろうと思います。

  • バトル開始です!

(バトルを始めて数分立ちましたが、弟の攻撃は止むことを知りません)

くらえぇぇぇぇ!!なんとかなんとかソード!!

弟の、2m以上もある剣(木の棒)が風を切り、私に向かって振り下ろされ続けます。

ブオォン!!

 

黒石ツキツキキ
(マジで、当たったら死ぬんだが・・・・)

2m以上もある剣の威力はすさまじく、当れば、激痛であることは確実でした。

 

おらぁぁ!!
黒石ツキツキキ
クッ!

カンッ!

 

なんとか、振り下ろされた2mもある剣を、1mも満たない私の剣で防ぎ続けます。

普通にガードするだけでは、ガードを貫通してダメージを喰らう威力があるので、

横に弾き飛ばすように力をを加えて、弟の剣をいなします。

(そして、バトルこと数分・・・・・突然決着はつきました)

いつものように弟は、私に向かって剣を振り下ろしました。

しょわぁぁ%$#$&#$&%&’%#%!!

バチン!

 

バチン?バチンという効果音がなりました。

いつもは、「バキ!」や「カン!」などの、剣と剣がはじきあう音がするはずなのに、

今回の、効果音は「バチン」でした。

 

それもそのはず、

弟の振り下ろされた2mの剣は、私の剣ではなく、

手に直撃したのです。

グァァァァァ、、、、、、グッハ、、、、、

うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

 

激痛でした。

弟を泣かすつもりが、私が泣きそうになりました。

 

2mの剣(木の棒)で手を叩かれた激痛後

2mの剣で、手を叩かれた激痛後、私はどうなったかと言うと、

さっきまで、楽しくバトルしてたはずが「恐怖心」で、バトルできなくなりました。

さっきの痛みが、頭に染みついてしまったんです。

 

しかし、弟はもっとバトルを楽しみたいのか、

2mの剣を持って、ニコニコしながら追いかけてきます。

私は、もう、

黒石ツキツキキ
ヒィィィィィィ!!

って感じで逃げるしかないです。

 

私は今の、恐怖心で逃げ回る、私自身の行動を見てこう思いました。

「なんか、雑魚キャラのヤンキーみたいだなぁー」

って。

最初は威勢がいいけど、自分が不利になったら逃げるしかできない、漫画でよくいるようなモブキャラヤンキー。

 

そう思ったので、「これではいかん」と思い、

ニコニコしながら追いかけてくる弟に立ち向かいました。

黒石ツキツキキ
弟よ!もう一度バトルぞ!
(ニコニコ)

 

しかし、

弟は、さっきより、やさしく剣を振り下ろすようになってました。

やさしい弟め!!

 

終わり。