遅刻してくる人を遅刻させなくする超具体的な7つの方法!

 

こんにちは、黒石ツキツキキ(@kaminoite)です。

 

約束に遅刻してくる人がいるので、遅刻しないようにする方法を考えました。

遅刻は、授業とかに遅刻するなら、自分のことだからいいけど、

知人との約束に遅刻してくるのはダメです。

 

私が大好きな、「心が叫びたがってるんだ」の田崎大樹君はこんなことを言ってました。

「3時集合つったら2時50分に集まるのが普通だろ」

聞いたか!?平気で遅刻する者たちよ。田崎大樹様のこの言葉を!!

田崎大樹様の洗礼されたこの言葉を聞いたか!?

 

田崎大樹
10分前に来るのがフツーだろ

田崎さん激マブだぜっ!

心が叫びたがってるの何気ないエピソードでしたが、私の心には凄く残りました。

 

周りに、遅刻して困った人を田崎化するために、遅刻させない方法を解説します。

 

遅刻をさせなくする7つの方法

遅刻させない7つの方法を解説します。

何時から集まるのではなく、何時から始めると言う

何時から集まるのではなくて、何時から始めるとい言います。

例えば悪い例で、「12時に公園に集合ね!」と言った場合はこうなります。

12時に公園に集合ね!と言った場合

12時に集まる

→12時から準備を始める

結果的に12時30分からサッカーを始める

 

12時に集まるのだから、準備も含めれば始まるのは12時以降になってしまいます。

よって、何時にサッカーが始まるのかわからないので、

結果的に、始まる時間を予測してくる人が現れます。

 

始める時間を明確にしていないと、「まだどうせ始まってないはー」と、遅刻してくる人が必ずと言っていいほど現れます。

だから、みんなバラバラで集まり、なかなかサッカーを始めることができません。

 

だから何時に集まるのじゃなくて、何時から始まるのかを言いましょう。

12時から、公園でサッカーを始めるよ!

 

12時から、公園でサッカーを始めるよ!と言った場合

12時から始まりと言うことは、12時より前に来なければいけない

→12時からサッカーを始める

遅れてきた人は知るかっ!

 

始める時間を明確にすることによって、集まりは良くなります。

その時間までにこなければ、乗り遅れるからです。

それでも遅れてくる人はほっといて、集まった人だけで始めましょう。

 

しかし、12時から始めるのに、12時ぴったりに来る人とかいます。

12時ぴったりに来られたら、その人の準備を待たないといけないから、12時から始められません。

 

12時から始めるんだから、12時前には来いよ!準備もあるんだからさー。

と言うのが本音です。

10分前集合を唱えましょう。

黒石ツキツキキ
10分前集合ね。

 

10分前集合してと言っただけじゃ効果は薄いです。

黒石ツキツキキ
みんなで準備するから10分前集合ね。

 

このように、10分前に集合する理由を言いましょう。

 

遅れた人をマジで叱る

遅れた人をマジで叱ります。

遅れた人にヘラヘラしながら「ちょっとぉ~遅いよ~」とか言っても無駄です。

反省してません。マジで叱りましょう。

 

黒石ツキツキキ
あなたが遅れた分は、私たちの時間を奪ってるんだよ?

とか、

黒石ツキツキキ
なんで遅刻するの?その間私たちは何をすればいいの?

と、

遅刻した理由を追求しながら叱りましょう。

 

 

自分が、バスや電車と同じ存在になる

自分が、バスや電車と同じ存在になることです。

どういうことかと言うと、集合時間になってもこない人を待たないと言うことです。

 

バスや電車は、時間になったら必ず時間通りに発車します。

だから、バスや電車のように、時間通りに発車して、いっさい遅刻した人を待たないようにするんです。

 

いつも遅刻してくる人は、バスや電車の時間に遅れてきますか?

遅れませんよね?5分前とかにきちっと来てます。

じゃあ、知人の約束事は何故守れないのか?

それは、自己中だから。

電車に遅れて自分の時間のロスになることは避けるけど、他人の時間のロスは配慮してない自己中だからです。

 

だから、遅刻ばっかりする人には思い知らせてやりましょう。

私は、バスや電車と同じ存在なんだって。

遅れてきたら、マジでほっといてやりましょう。

遅れて来られるとは、なめられてるってことなので、ビビらしてやりましょう。

 

遅れるほうが悪いからね!!

 

指揮を上げる

指揮を上げます。

1番難しいとこではありますが、集まる目的をみんなのメリットになるようにします。

 

集まることを、楽しみにさせるんです。

集まる目的を明確にすればするほど指揮は上がります

 

 

LINEなどで、30分前くらいに集まる時間のメッセージを送る

LINEなどで、集まる30分くらいに集まる時間のメッセージを送ります。

例えば、

黒石ツキツキキ
今日12時集合だったね。11時45分にはつきまーす。

 

みたいなメッセージを送りましょう。

何時集合かプラス、自分が何時つくのかを、明確にしたほうが、

「私も行かないとな」と思うので、遅刻防止効果は上がります。

 

あらかじめ早めに来て、

黒石ツキツキキ
もうついてるからみんな待ってるねー

 

と、言えば、みんなの模範となるので、より効果は期待できます。

 

いつも遅れてる人が遅れなかったらほめる

いつも遅れてくる人が遅れてこなかったらほめましょう。

遅れてこないのが普通なのですが、普通なことができてないので、よしよししてあげましょう。

ここで、

黒石ツキツキキ
今日は珍しく遅刻していないな、いつももっと早めに来いよ!

 

と、嫌み&怒りごしに言ってはダメです。

遅刻いても怒られるし、遅刻しなくても怒られるしで、怒られるばかりだからです。

 

やさしく言いましょう。

黒石ツキツキキ
今日のサッカー楽しみだね。(世間話から入る)

~~~ところで今日は、早いね。できればいつもこのくらいには来てほしいなー

 

いきなり、早く来たことを指摘のではなくて、世間話で1テンポおいて、指摘しましょう。

ここで、「できれば」と言い、やわらかい表現を心がけましょう。

 

 

上の6つの方法が効かない場合は、自分の本音をぶつけましょう

上の6つの方法が効かない場合は、自分の本音をぶつけましょう。

私が遅刻する人に対する本音はコレです。

 

遅刻する人に対しての本音
  • 自己中だから遅刻する
  • 人との約束を軽視しすぎ
  • 時間泥棒
  • 社会にでたら困るなーと思う
  • 時間を有効に使えない人だなーと思う
  • 遅刻とは悪だ

 

ここらへんです。

現状が変わらない場合、本音をぶつけるのが手っ取り早いしスッキリします。

本音をぶつけて、遅刻とはいかに悪なのかを教えてあげましょう。

 

人の、欠点を言ってあげるのはその人のこれからの為です。

遠慮することはありません。

 

根本的に解決していない2つの方法

根本的に解決していないので、やらないほうがいい遅刻をさせない2つの方法を解説します。

本当の集合時間より早めに言う

本当の集合時間より、早めの時間を伝えることです。

例えば、12時から始まるのに11時30分って伝えるってことです。

 

この方法は根本的に解決してません。

遅刻する人に、本当は12時からだけど、「11時30分にこい」と伝えて、11時45分に来た場合、

結果的には12時からだから遅刻しいてないんだけど、11時30分に来ることは遅刻しています。

つまり、約束の時間は守れていない。

 

なので、結局遅刻する癖は全く治ってないんです。

根本的な遅刻癖はそのやり方では直らないんです。

 

だから、結果だけを求めるこのやり方は辞めましょう。

変えるのは表面じゃなく中身にしないといけません。

 

遅刻のペナルティを決める

遅刻のぺナルティを決めることです。

これも全く根本的に解決してません。

 

ペナルティを決めて遅刻しなくなったとしても、遅刻癖はまだしっかり根づいています。

ペナルティがなくなったとたんに、また遅刻しだします。

 

ペナルティなんてなくても、自分から行動させるようにしなければいけません。

 

 

重要なのは、コミュニケーションです

遅刻する人を改善させるのに、重要な事は、コミュニケーションです。

コミュニケーションが十分に取れてないから、遅刻してくるんです。

 

何のために集まるのか、目的は何なのか?明確に話し合いましょう。

遅刻する人ともっとコミュニケーションをとって行きましょう。

 

話合いこそが、打開策の鍵です。

できてない人は多い。

 

まとめ

遅刻壁のある人を改善させるためのテクニックを解説しました。

遅刻改善テクニック
  • 何時から集まるのではなくて、何時から始める
  • 遅れた人をマジで叱る
  • 自分が、バスや電車と同じ存在になる
  • 指揮を上げる
  • LINEなどで、集まる30分くらいに集まる時間のメッセージを送る
  • いつも遅れてくる人が遅れてこなかったらほめる
  • 上の6つの方法が効かない場合は、自分の本音をぶつける

 

これらを一つずつ実行していきましょう。

回りくどいことが嫌いな人は、自分の本音をぶつけてください。

即効性があるし、改善度が高いです。

 

いかに遅刻することが悪なのか、遅刻壁ある人は気づいてないので、気づかせましょう。

やっぱり、改善できるかどうかを握るのは、コミュニケーションです。